山本陽子は現在熱海の自宅マンションに住んでる?若い頃の画像も!

Pocket

かつてテレビドラマ「黒革の手帖」や映画「八つ墓村」など、数多くの作品で演技派女優としての地位を確立されてきた山本陽子さんについてご紹介します。

彼女の若い頃から現在までの、代表作やプライベートについて見てきましょう!

現在はすでに隠居生活に入られているという情報もありましたが、本当なのでしょうか?

真相が気になりますね!

山本陽子のプロフィール

出典:candy17.club

山本陽子さんは、1942年3月17日に東京都中野区に生まれます。

渋谷区の國學院高等学校に通っており、卒業後に野村證券に勤めていました。

彼女が女優になるきっかけになったのは、知人が1963年に応募書類を送ったことで、日活の女優として芸能界入りしたことです。

知人が応募するくらいですから、デビュー前から美人と評判だったのでしょう!

スポンサードリンク

デビュー当初は脇役などが多く、あまり作品に恵まれたとは言えませんでしたが、後に大河ドラマ「国盗り物語」や松本清張の「事故」、映画「八つ墓村」などに出演し、善良な役から悪女まで、様々な役を演じ分ける演技力で知名度を上げていきます。

また、彼女は舞台女優としても非常に高く評価されていて、1994年に踏んだ舞台「おはん」では菊田一夫演劇賞も受賞されています。

私生活において、結婚歴はなく、現在まで独身を貫かれていますが、過去に共演したドラマで知り合った俳優と熱愛関係になったことはあったようです(後述)。

山本陽子の若い頃(昔)の画像まとめ

山本陽子さんはデビュー当初から清楚な雰囲気を持つ美人女優として注目されていました。

そんな彼女の顔写真を時系列順にみていきましょう!

こちらは彼女のデビュー前、野村證券に勤務されてきたころの写真です。

出典:https://i2.wp.com/urara.club

高校を卒業された直後なので、20歳前後の頃の写真です。

やっぱり、当時からとてもおきれいだったようですね!

知人が山本さんの代わりに応募したとのことなので、社内でも人気だったことでしょう!

続きましては、女優デビューされてからの写真です。

こちらは1967年の映画「恋のハイウェイ」に出演された時の山本さん。

当時25歳です。

山本さんは60年代から70年代にかけて、日活映画に数多く出演されていました。

当時は、女優の吉永小百合さんと松原智恵子さん、和泉雅子さんの3人が「日活三人娘」としてアイドル的な人気を誇っていましたから、その陰に埋もれてしまっていたようですが、その後彼女はテレビドラマの出演で知名度を上げていきます。

出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com

こちらは1973年のドラマ「白い影」の写真。

このドラマで山本さんは俳優の田宮二郎さんと共演されており、それがきっかけでその後不倫関係になります!

ですが、田宮さんが後に「金を払わないと山本陽子との不倫関係を公表する」といったような脅迫を受けたことや、借金問題などによって躁うつ病になってしまいます。

その後田宮さんは1978年になんと、クレー射撃上の銃で自殺されています。

山本さんと田宮さんはこれより前に破局しているものと思われますが、かなりの衝撃だったことでしょう…。

出典:gensun.org

こちらは1982年の松本清張のドラマ「黒い手帖」時の山本さん。

この当時40歳ですが、とてもアラフォーには見えないほどの美しさです!!!

着物姿もとても素敵です^^

出典:https://koimousagi.com

こちらは1985年のドラマ「二度目のさよなら」です。

山本さんの右に映っているのは沖田浩之さんで、お二人は1982年にドラマ「愛を裁けますか」の共演で知り合っていました。

お二人はこの後交際に発展するのですが、沖田さんの女性問題が原因で破局してしまいます。

沖田さんは1995年に一般人女性と結婚されていますが、なんと彼は1999年に首つり自殺でこの世を去っています。

過去に付き合っていた男性2人が自殺で亡くなられるなんて、こんな悲しいことはありませんよね…。

色々な映画やドラマ、舞台で活躍されている中、山本陽子さんは山本海苔店のCMに1967年から出演されています。

出典:https://www.yamamoto-noriten.co.jp

こちらはおそらく1967年時の写真家と思われます。

女優としては映画の出演が最も多かった時期ですから、世間もとても注目していたと思います。

出典:YouTube

こちらは1990年のCMでの画像。

因みに彼女は、2010年にしてで山本海苔店の専属女優として42年目を迎えられました。

これは、企業の専属タレント契約年数としては世界最長でギネス認定されています。

素晴らしい快挙ですね!

現在でも契約は続いているため、記録は今なお伸び続けています!

山本陽子の現在について【画像あり】

こちらは現在の山本陽子さんの写真です。

スポンサードリンク

出典:ORICON NEWS

現在はすでに70歳を超えていますから、若い頃よりはさすがに年齢を感じさせますが、上品な雰囲気は健在ですね!

山本さんは現在でもテレビドラマ「ダイアリー」や「警視庁・捜査一課長」(2018)、映画「ソローキンの見た桜」などに出演されるなど、女優として活躍中です。

体力的な問題もあると思いますから、昔よりお仕事はセーブされているようですが、それでも80近い現在でも現役で活躍されているというのはすごいですね!

出典:山本陽子トークショー

また、彼女は現在も契約されている山本海苔店のイベントにも登場されていて、ファンを喜ばせています。

写真は2015年に山本海苔店の本店で行われたトークショーでのものです。

昔と変わらぬ着物姿もとても素敵です!

現在は熱海に家(自宅マンション)を持っていた

出典:https://www.tv-asahi.co.jp

因みに、山本陽子さんはプライベートでは現在どんな生活を送られているのでしょうか?

調べてみたところ、かつて東京にお住まいだった山本さんは、現在東京から静岡県の熱海市に移住されていたことが分かりました。

新しくマンションか一戸建てを購入したのか?と思いましたが、実は山本さんは元々熱海市に別荘を購入されていて、休暇はその別荘で羽を伸ばされていたそうです。

ですが、70代になってから自分の時間が欲しくなり、思い切って別荘がある熱海市に引っ越しされたとのことです!

「50年間で4~5回も転居しましたが、(デビューしてからも、生まれた育った)東京でずっと生活していましたから、それなりに持ち物は多く、引っ越しは大仕事でした。せっかくの終の棲家ですから、思い切って物を減らして、理想の暮らしに近づけたいと取り組んだのです。いわゆる断捨離ですね

引っ越しは大変だったが、移住を決意したおかげで、海にも近い、四季折々の自然に囲まれた環境で、ときには新緑、ときには紅葉を愛でながら、心癒される生活を送っているという。

引用:https://jisin.jp

熱海市は自然が豊かなで富士山が見える眺めの良い所なので、とてもリラックスして過ごすことが出来そうですね^^

熱海市には友人もいらっしゃるようで、自宅に友人を招いて一緒に食事をすることもあるんだとか!

老後も充実した日々を送られているようで眩しいですね!

熱海の行きつけパン屋が「徹子の部屋」で紹介される

この投稿をInstagramで見る

戦う母ですさん(@hono_tantan)がシェアした投稿

山本陽子さんは熱海市にある「青木のパン」というパン屋さんが行きつけだそうです。

このお店は、山本さんが過去に「徹子の部屋」に出演されていた時にも紹介されていました。

彼女はここのパン屋がお気に入りのようですね♪

また、現在は近所のスーパーに買い物に行ったりと、普通の生活を楽しまれています。

熱海市に行けば、運が良ければ山本さんに会えるかもしれませんね!

現在の幸せは何気ない日常!

そんなわけで、現在はごくごく普通の主婦のような生活を送られている山本陽子さん。

山本さん曰く、

「日常の中に小さな幸せが転がっていることに気づいた」

とのことです。

女優業に専念されていることは忙しさのあまり、あまり何気ない日常のことに目を向ける余裕がなかったのかもしれませんが、現在では心にゆとりができたようですね^^

完全に隠居生活のような印象を受けますが、山本さんは今後も女優として全力で仕事を続けていくとおっしゃっています。

「きっと『この年齢でこんなスケジュールはとても無理だわ』と、やめてしまう方もいるでしょう。でも私は体力も気力も充実していますから、恐れることなく、女優としての挑戦を続けています。女優業でも日常生活でも、これからどんな発見をするのかを楽しみにして、前だけを向いて生きていく。それが私にとっての終活なのです」

引用:https://jisin.jp

「終活」と聞くと、暗い印象を抱く人が多いかと思いますが、彼女はとても前向きに捉えていらっしゃいますね。

これからの活躍を応援しています!

以上、山本陽子さんについてご紹介しました!

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.