加藤登紀子の夫の恋人は文化人と噂。藤本敏夫は浮気していた!?

Pocket

加藤登紀子さんはジブリのアニメ「紅の豚」でマダム・ジーナ役をされていた歌手ということで知られています。

今回はそんな加藤さんの元夫・藤本敏夫さんとの関係について特集していきたいと思います!

加藤登紀子のプロフィール

まずは加藤登紀子さんについて軽くご紹介します。

出典:proof.pritech.co.jp

加藤登紀子さんは1943年12月27日生まれ。

父親が南満州鉄道に勤務されていたので、満州(現中国東北部)ハルビンで誕生しました。

戦時中は裕福は暮らしをされていましたが、敗戦を機に日本に帰国します。

当時満州に住んでいた日本人は敗戦の影響で強制労働をさせられるような悲惨な生活をされていた方もいたそうです。

なので、日本に帰る際、彼女の母親は「自分で帰らないと死ぬのよ」と加藤さんに言い聞かせたと言います。

スポンサードリンク

現在の人からすると想像もつきませんよね。

帰国後は京都で過ごし、東京大学文学部西洋史学科に進学します。

とても優秀ですね!

歌手デビューについては、東大在学中の1965年に日本アマチュアシャンソンコンクールで優勝したことがきっかけとなり、翌年デビューします。

デビュー後にリリースされた「赤い風船」と「ひとり寝の子守唄」ではレコード大賞を受賞されています。

その後も「百万本のバラ」や「わが人生に悔いなし」などのヒット曲をリリースされています。

歌手以外では環境保全の活動もされていて、2000年には国連環境計画親善大使に任命されています。

加藤登紀子の(元)夫・藤本敏夫ってどんな人?

加藤登紀子さんは、1972年に、藤本敏夫(ふじもととしお)さんという男性と結婚されています。

出典:https://www.nikkan-gendai.com

藤本敏夫さんは、1944年1月23日兵庫県生まれの学生運動指導者です。

その他の肩書はこちらです。

  • 日本キューバ文化交流研究所事務局長
  • 有機農法実践家
  • 大地を守る会初代会長
  • 農林水産省関東農政局の諮問委員
  • 株式会社ナチュラルコミュニケーションズ代表取締役

農業や自然関係で活躍されているようですが、学生時代には学生運動活動家として方々でマークされていました。

当時は、学生運動が社会問題になるほどの勢いがありましたからね。

藤本さんは、1963年に同志社大学に進学し、翌年1964年から学生運動に参加します。

1965年に京都府学連書記長に就任し、1967年には羽田闘争に参加します。

その後も学生運動を続けますが、1968年に国際反戦デー防衛庁をリードしたことにより、公務執行妨害で逮捕され、1972年に収監されてしまいます。

そのため、結婚時の藤本さんはまだ福栄中だったため、加藤さんと藤本さんは獄中結婚だったのです!!!

夫・藤本敏夫との馴れ初めは学生時代

出典:ボンビーガール

加藤登紀子さんと藤本敏夫さんが結婚されたのは1972年ですが、お二人の出会いは学生時代のことでした。

当時加藤さんは、歌手活動をしながら東大の学生として学業にも専念されていましたが、当時東大では、「卒業式ボイコット」というものが行われている時期でした。

加藤さんは週刊誌から、卒業式は振り袖姿で出席してほしいと言われていたのですが、彼女はジーパン姿で登場します。

この姿が週刊誌に掲載されたことにより、当時学生運動に力を入れていた藤本敏夫さんの目に留まります。

藤本さんは加藤さんに、学生運動の場で歌ってほしいとアプローチしますが、加藤さんは政治活動に歌が使われることをよく思っていなかったため、断ります。

しかし、これがきっかけでお二人は出会い、後に交際することになります。

その後藤本さんが逮捕されてしまったため、周囲の人は二人の交際に反対したのですが、母親の応援もあり何とか交際を続け、1972年に獄中結婚という形で結ばれました。

周囲からはかなり厳しい目を向けられていたようですが、それでも結婚されたところに、お二人の絆の深さが垣間見られますね!

因みにプロポーズは加藤さんからの逆プロポーズでした。

加藤さん、男前ですね!

周囲の目が厳しかったため、このくらいの男気がないと結婚までは漕ぎつけなかったということかもしれません。

夫・藤本敏夫は出所後に農業活動や政治活動に従事

スポンサードリンク

出典:【政見放送】 藤本敏夫 (希望)

藤本さんは、逮捕された2年後の1974年に出所し、その後は学生運動からは手を引きます。

出所後の藤本さんは、農業の普及に携わる活動を始めました。

学生運動から農業に転換とは、刑務所内でどんな心境の変化があったのでしょうね?

藤本さんは1981年に鴨川自然王国という農場を設立し、さらに1999年にはなんと農林水産省関東農政局の諮問委員にも就任されました!

実は藤本さん、1992年には環境保全などをスローガンとした環境政党「希望」を結党し、参議院選挙に立候補されていたことがあります。

残念ながら落選してしまいましたが、その時の人脈や環境に対する想いを買われて、農林水産省で働くことになったのかもしれませんね!

夫・藤本敏夫との間には娘が3人誕生

加藤登紀子さんと夫・藤本敏夫さんの間には娘さんが3人誕生しています。

長女は1972年1972年12月7日、
次女は1975年12月14日、
三女は1980年に誕生しています。

長女が誕生したのは藤本さんが収監されていた時ですから、逮捕前に授かっていたということになりますね。

名前は、

長女:畑中美亜子さん
次女:藤本八恵さん
三女:不明

長女の美亜子さんは、2010年からカフェと器店を経営されているという情報がありました!

次女の藤本八恵さんは、「Yae」という名義で歌手活動をされています!

出典:fmyokohama.jp

Yaeさんは、2001年6月にアルバム「new Aeon」で歌手デビューされました。

母親の加藤登紀子さんが歌手なので、娘さんが一人くらい同じ職業についているのでは?と思っていたら、案の定でしたね^^

Yaeさんは現在、歌手活動だけでなく父親の藤本さんが設立した農場「鴨川自然王国」で自然と触れ合いながら、その中で得たインスピレーションも音楽に活かされているそうです!

夫・藤本敏夫は2002年に肝臓がんで死去

出典:NAVERまとめ

さて、出所後の夫の藤本敏夫さんは、農業に従事するなどして真っ当な人生を送られていましたが、2002年に以前から患っていた肝臓がんが原因で、58歳で亡くなりました。

若くして亡くなったため、加藤さんやその娘さんたちとしてもとてもショックだったことでしょう。

お悔やみ申し上げます。

加藤登紀子の夫・藤本敏夫は浮気をしていた!?恋人(彼女)と噂の大物文化人とは誰なのか

出典:NAVER まとめ

さて、加藤登紀子さんの夫の藤本敏夫さんですが、生前浮気をしていたという噂がありました。

これについて調べてみたところ、藤本さんはなんと、がんで闘病している時期に彼女がいたんだそうです…!!!

2018年に放送された「梅沢富美男のズバッと聞きます」で加藤さん自身が暴露していたことなので、間違いないでしょう。

実は藤本さん、闘病中に医者から「回復に効くのは恋だ」と言われていて、恋人を作るように勧められていたんだとか。

加藤さんという奥さんがいるのに、医者もかなり大胆な提案をしますね(笑)。

それでも、病気が良くなる可能性があるということで、藤本さんの恋人探しには加藤さんも協力するつもりだったとのことでした。

しかし…、

恋人探しをしようという矢先、藤本さんにはすでに彼女がいることが発覚します。

加藤さんも協力したうえでの恋人ならば問題ないですが、これは完全に浮気ですね。

その相手というのが、「大物文化人」だといわれているようなのですが、どんな人物なのかについては明らかにされていません。

文化人と一言にいわれても、たくさんいますから誰だか特定することはできないですね。

過去に不倫歴がある文化人と言ったら、僧侶の瀬戸内寂聴さんくらいですが、彼女が恋人というのはちょっと無理がありますね^^;

浮気が発覚した後ですが、加藤さんは藤本さんと離婚することなく、夫婦関係を続けていました。

信頼し合えている夫婦でも、浮気をすると夫婦関係の修復が難しくなることが多いですから、加藤さんの懐の深さが伺える出来事ですね!

以上、加藤登紀子さんについてご紹介しました!

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.