藤圭子の生い立ちは韓国?晩年は精神疾患で闘病していた?

Pocket

歌手・宇多田ヒカルさんの母親として知られている藤圭子さんについてご紹介します。

2013年8月22日に亡くなられた彼女ですが、生い立ちや晩年はかなり壮絶なものだったようです。

歌手デビューしてから亡くなるまで、どのような人生を歩まれてきたのでしょうか?

藤圭子の壮絶な生い立ちについて

出典:元歌手・藤圭子 壮絶人生の「光と陰」

  • 本名:宇多田純子
  • 生年月日:1951年7月5日
  • 出身地:岩手県一関市
  • 職業:歌手

藤圭子さんは1951年に、浪曲歌手の父親と三味線瞽女の母親との間に、3人兄弟の末っ子といて生まれます。

藤圭子さんの家は貧しく、幼い頃から両親と一緒に北海道や東北地方を旅しながら歌を歌っており、その日暮らしの性格を送られていました。

また、藤圭子さんの母親は盲目だったそうなので、その世話にも追われていたと思われます。

ご両親が音楽関係者ということで、幼少期から歌が好きだった藤圭子さんですが、学校での成績はとてもよかったため、高校への進学を考えていたといいます。

しかし、家族の生活を支えるために、高校進学を断念し、歌を歌う道へ進むことを選ばれたそうです。

スポンサードリンク

どちらかをあきらめなければならないという状況は辛いですよね。

音楽の道に進む覚悟を決めた藤圭子さんのもとにデビューの話が持ち掛けられたのは17歳の時。

偶然彼女の歌を聞いた作曲家にオファーを持ち掛けられて、1979年に「新宿の女」でデビューします。

その後1970年に「圭子の夢は夜ひらく」が大ヒットし、同年のレコード大賞や日本歌謡大賞大賞を受賞され、NHK紅白歌合戦にも出場されるなど、音楽界に一気に進出されました。

幼少期はかなり大変な時期があったからこそ、ヒットしたのかもしれませんね。

藤圭子さんの初期の歌は、自身の不幸な生い立ちを反映させた歌詞が多くの人の共感を生んだようですね。

しかし、藤圭子さんの歌に対する評価は、初めての結婚をしてから変わっていくことになります。

前川清との結婚と離婚

出典:jiji.com

藤圭子さんはヒットして間もない19歳の時に、歌手の前川清さんと結婚されました。

しかし、前川さんとは僅か一年で離婚されています。

離婚原因は何だったのでしょうか?

「時代の“不幸”を歌った圭子さんの歌に多くの人が共感したのは、彼女自身の不幸な生い立ちがあったからこそ。歌手としても大成功を収めただけでなく、20才の若さで結婚し女性としての幸せを掴んでしまったことで、多くのファンがしらけてしまったところがあったのではないでしょうか」(前出・音楽関係者)

引用:故・藤圭子さん「不幸な生い立ち」あったからこそ成功できた

真相は分かりませんが、前川清さんとの関係が上手くいなかったというわけではなく、周囲からあまり良く思われていなかったからかもしれません。

離婚された時も、たった一年しか夫婦生活が続かなかったため、「ままごと婚」とバッシングされました。

さらに、同じころ藤圭子さんのご両親が、藤さんの収入問題で離婚されてしまいます。

藤圭子さんは、盲目の母親の世話をしなければならないため、父親とは絶縁します。

離婚後に母親の世話をしながら歌手活動をされていました。

しかし、1974年に喉のポリープの手術を受けて、声質が変わってしまったことや、ヒット曲に恵まれなかったことで引退を考え始めます。

宇多田照實と結婚して宇多田ヒカルが誕生

出典:Twitter

藤圭子さんは、1982年に音楽プロデューサーの宇多田照實さんと結婚され、その後彼と6回の結婚と離婚を繰り返します。

結婚した翌年に宇多田照實さんとの間に娘の宇多田ヒカルさんが誕生。

藤圭子さんは、娘を歌手として成功させるべく教育し、宇多田ヒカルさんは15歳で歌手デビュー。

娘のヒカルさんがデビューしてからは、藤さんは歌手として表舞台で歌うことはなくなりました。

引退後の生活について

出典:NAVER まとめ

娘の宇多田ヒカルさんが売れた後は引退された藤圭子さんですがどんな生活をされていたのでしょうか?

藤圭子さんは、夫の宇多田照實さんとは2007年に最後の離婚をされ、その後再婚はされませんでしたが、宇多田照實さんが運営する「有限会社ユースリー・ミュージック(宇多田ヒカルの所属事務所)」の取締役として名前は登記されていました。

しかし、実際の藤さんはかなりあれた生活をされていたようです。

元夫・宇多田照實さんさんと離婚した後、財産分与で娘のヒカルさんが稼いだ数100億円という巨額の資産の一部を手にした藤さんは、その後アメリカに渡ってビジネスをしていると報じられていました。

しかし、実際の藤さんはギャンブル依存になっていたのです。

藤さんは2006年ニューヨークのJFK国際空港で、現金5000万円が入ったバッグを押収される事件を起こしていますが、この5000万円はすべてギャンブルで稼いだお金だったことが発覚しました。

最近の藤はラスベガスをはじめ、モナコやフランス、オーストラリアなど世界各国の カジノを転々としてギャンブルに興じていたという。

引退:藤圭子自殺の理由|大金を手にラスベガスへ飛ぶ

スポンサードリンク

ものすごい入れ込みようですね…。

さらに警察犬が微量の薬物を見つけたという報道もされました。

娘の宇多田ヒカルさんとしても、自分が稼いだ資産をギャンブルに使われているというのは、あまり気分は良くなかったのではないでしょうか。

歌手としての人気が低迷し、結婚生活も上手くいかなかった藤さんですが、宇多田ヒカルさんを世に送り出すことが最後の目標だったのでしょうか。

それが達成されてしまった今、目的を見失ってしまったかのようにギャンブルに興じていたようにも思えます。

「韓国人」の噂はデマ

出典:Pinterest

藤圭子さんの生い立ちについて調べていると、彼女が韓国人だという噂がありました。

この噂の発端は、2002年に匿名掲示板で娘の宇多田ヒカルさんの本名が金光美という朝鮮名だという書きこみがされたことがきっかけです。

しかし、藤圭子さんが韓国人だという具体的な証拠がありませんでしたので、デマの可能性が高いですね。

芸能界には在日韓国人が多いというのは事実ですから、そのような噂が飛び火してしまったものと思われます。

藤圭子は2013年8月22日に死去

出典:宇多田はアルバムを捧げる!?「母親」の切ないエピソードを語った人たち

藤圭子さんは、2013年8月22日に逝去されました。

新宿のマンションから飛び降りたとみられていて、世間に衝撃が走りました。

藤さんが亡くなられた後、宇多田ヒカルさんがコメントを出されました。

彼女のコメントの中には藤さんが自殺に至った原因と思われる話がありました。

藤圭子の死因について

出典:デイリースポーツ

宇多田ヒカルさんは、2013年8月26日に自身の公式サイトで、母の藤さんが自ら命を絶ったことについてコメントされました。

宇多田ヒカルさんは、藤さんが長い間精神疾患に苦しんでいたということを明かしています。

どんな精神疾患だったのか、宇多田ヒカルさんは明らかにしてませんが、

「病気の性質上本人の意志で治療を受けることは非常に難しく、家族としてどうしたらいいのか、何が彼女のために一番良いのか、ずっと悩んでいました」

「症状の悪化とともに、家族も含め人間に対する不信感は増す一方で、現実と妄想の区別が曖昧になり、彼女は自身の感情や行動のコントロールを失っていきました

引用:宇多田ヒカルが母・藤圭子の自殺を初めて語る 「とても長い間、精神の病に苦しめられていました」

とヒカルさんは語っています。

出典:news.livedoor.com

そして、母親が自ら命を絶ったことについては、あまりにも悲しい最期で後悔が残るばかりとコメントされました。

身内が自殺をするというのは本当につらいことですよね。

お悔やみ申し上げます。

藤圭子が患っていた精神疾患とは

出典:アサ芸プラス

宇多田ヒカルさんは、藤圭子さんが長い間精神の病を抱えていたと告白されました。

また、2006年に藤圭子さんがテレビから取材された際には、

「原因不明ですけど、この20年間、吐きまくりの人生です。週に3回は吐いてる。今でもそう。だからどっか悪いと思うんだけど」

「24時間、頭が痛いし、24時間、口の中が風邪をひいた時みたいに38度の熱があるし。体中痛いですね。それから寝られない」

引用:転落死の藤圭子さん、うつ病も影響?白髪で別人の容姿「話す人おらず寂しい。吐きまくり」

と言っています。

この時期の藤さんは、やせ細って白髪も増え、さらにうつ病の症状も出ていたようです。

関係者によると、ニューヨークにいる間には、心療内科に通っていたという情報も出ています。

また、彼女の精神疾患の悪化と共に人間不信や被害妄想が進行したこともヒカルさんが明かしているため、統合失調症だったという説も浮上しています。

藤さんが亡くなられてしまった今、精神疾患に関する真相は分かりませんが、うつ病や統合失調症のような症状がみられていたことは確かなようです。

幼少期から幸が薄い人生を歩まれてきたためか、家族にも癒せないやせないほどの心の闇を抱えていたと思われます。

ご冥福をお祈りいたします。

現在は藤さんの血を引き継いだ宇多田ヒカルさんが第一線で活躍されていますが、どうか幸せな生活を送っていほしいですね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.