布施博が足を引きずるほど歩行困難!難病・脊柱管狭窄症が原因か

Pocket

「北の国から」や「君が嘘をついた」などのドラマで知られている俳優の布施博さん、近年はテレビや映画での活動がとても少なくなっているようです。

調べてみると、歩けなくなるほどの病気を患っているといった噂がかなり多く見られます…。

果たして現在の健康状態は大丈夫なのでしょうか?

布施博のプロフィール

布施博さんの簡単なプロフィールはこちらです。

出典:blog.livedoor.jp

  • 生年月日:1958年7月10日
  • 出身地:東京都足立区
  • 身長:182cm
  • 職業:俳優
  • 活動期間:1981年~

高校中退後にミュージカルグループの「ミスタースリムカンパニー」に入団し、芸能界デビューされます。

ドラマ「点まで上がれ!」や「太陽にほえろ!」でキャリアを積み、1988年の「君が嘘をついた」でブレイクし、そこからドラマや映画での出演が一気に増えます。

「伊東家の食卓」や「趣味悠々」のバラエティにも出演されていましたが、2011年以降はバラエティ番組での出演は一切なく、年に1~2作のドラマに出演する程度になっています。

映画の出演は、2018年と2019年に「Noise」と「鈍色のキヲク」の2本のみに出演されているようです。

スポンサードリンク

私生活では、女優の古村比呂さんと1992年に結婚され、子供が3人誕生しますが、2009年に離婚。

離婚理由は公表されていませんが、布施さんによるDVや不倫疑惑など、よくない噂が飛び交っています。

その後2012年に舞台女優の井上和子さんと再婚。

しかし、現在布施さんの母親が「アルツハイマー」に、井上さんの母親が「脳出血による半身不随」で要介護状態になっていて、現在は自宅で「W介護」をされているようです。

近年のテレビでの露出が減ったのは、介護で忙しいからかもしれませんね。

【歩行困難】布施博が足を引きずる姿が話題に。大丈夫なの?

出典:magocsi-news.net

布施博さんは近年、身体の調子が悪いという噂が後を絶ちません。

特に多いのが、「足を引きづって歩いている」というもの。

これは、以前布施さんの私生活に迫るVTRの撮影で居酒屋に行った時、足を引きずるようにして歩いている姿がテレビに映ったことがきっかけで話題になりました。

しかも、最終的には共演者に抱えられて店を出るといった姿も見せています。

その時の姿がこちら。

出典:スポニチ

出典:まとめいく

まるで深夜の酔っ払い大学生ですね…。

布施博さんの身長は182㎝とかなりの高身長なので、両側から抱えている共演者の方々は大変だったことでしょう。

写真を見ると分かりますが、下半身にまるで力が入っていないように見えます。

ただ酔っぱらっているだけとは、とてもじゃないけど思えませんよね。

どう考えても私生活を営むにあたって支障が出るレベルです。

出典:独女の健康・美容:テレビ番組ニュース

実際、布施さんは数年前から歩きづらくなってきたことは自覚していて、階段の上り下りに恐怖を感じるとまで告白されていたことがあります。

何かの病気である可能性は非常に高いと思われます。

【難病?】脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)とはどんな病気か

出典:noma66.com

足を引きづって歩くだけでなく、酒に酔うと歩行すら困難になってしまう現在の布施博さん。

「何かの病気なのでは?」という可能性について調べていると、どうやら本当に病気でした…。

2018年4月2日に放送された「名医のTHE太鼓判!」に出演された時に、医者に脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)であると言い渡されたようです。

布施さんが宣告された、脊柱管狭窄症がどんな症状なのか調べてみました。

脊柱管狭窄症というのは、脊柱管という背中にある神経の通った管が狭くなることによって、神経が強く締め付けられることによっておこる障害です。

そのため、脳からの指令が上手く背中の神経を通って体に伝わらなくなってしまいます。

具体的な症状としては、

  • 腰痛
  • 下半身のしびれや痛み
  • 歩行障害
  • 排泄障害

など、多岐にわたります。

出典:anohito-genzai.com

この「脊椎管狭窄症」というのは、60歳以上の人に発症しやすい症状で、脊柱管が狭くなる原因は主に加齢、生活習慣が原因と言われています。

スポンサードリンク

治療法にはどんなものがあるのでしょうか。

この治療は、血行改善薬や鎮痛剤でコントロールしながら、運動療法(体の全体、一部を動かし症状の軽減や機能の回復を目指す)や、コルセット療法・神経ブロック(痛みの原因となる、抹消神経、交感神経節に局所麻酔薬を打ち、痛みの伝達をブロックする)などが行われるそうです。

引用:布施博、現在老けた?また、足の病気が深刻すぎるとの噂も・・・※画像あり

薬の服用や生活習慣を治すための適度な運動が治療法として挙げられているようです。

要は、「健康的な生活をしろ」ということですね。

布施さんが足を引きずっていたのは、この脊柱管狭窄症による典型的な症状です。

それにしても、立てなくなるレベルってかなり重症だと思います。

「名医のTHE太鼓判!」に出演された時も、昔と比べて「老けた」「誰だかわならない」という意見がかなり多かったため、彼の今後が心配です。

脊椎感狭窄症になった原因は「酒」との噂が

出典:こいもうさぎのブログ

布施博さんが脊椎管狭窄症になった原因は、先に挙げた通り、加齢や生活習慣病と言われています。

布施博さんの場合、加齢で引き起こされたことはもちろんですが、他にも「酒が原因では?」という噂があるみたいです。

実は布施博さん、昔から大酒飲みでも有名で、過去に酒によるトラブルを多数起こしています。

過去には、酔った勢いでグラスを投げつけ、割れたグラスで劇団員の女性の顔に傷がつき、訴訟問題に発展したことも。

あまりの酒癖の悪さに、「共演NG」を直接突き付けた俳優もいらっしゃるほどです。

酒が原因ではなく、布施さん自身が原因だと思いますけどね。

出典:yomidr.yomiuri.co.jp

そんな彼の酒癖の悪さが、脊椎管狭窄症の原因になったといわれていますが、真偽は不明です。

ただし、お酒は依存すれば生活習慣病に含まれますし、全く原因にならなかったとは言い切れないでしょう。

実際、「名医のTHE太鼓判!」出演後に医者に酒を控えるように指示されたようで、現在は酒を控え、適度な運動をするよう心掛けた生活を送っているみたいです。

2017年4月18日「名医のTHE太鼓判!」に再出演!今度は「痛風」が発覚…

出典:MANTANWEB(まんたんウェブ)

4月2日に名医のTHE太鼓判に出演されてから健康的な生活をされていた布施博さん。

それから2週間後に放送された名医のTHE太鼓判にも再出演され、再び健康診断をすることになりました。

すると今度は、「痛風」という病気になっていたことが発覚しました。

「痛風」とは、尿酸が体の中にたまって結晶化し、関節炎を発症する病気です。

尿酸は「プリン体」という物質からできるもので、布施博さんは知らないうちにこの「プリン体」を摂取しすぎていたことが分かりました。

布施さんがしていた運動というのは、有酸素運動ではなく、無酸素運動の筋トレ。

これによって筋肉からプリン体が沢山作られ、また、筋トレ後に水分補給を十分にしていなかったため、血中の尿酸濃度が上がってしまったのです。

因みに布施さんは2009年にも痛風になっていて、ドラマ撮影に支障をきたしていた経験があります。

まさに踏んだり蹴ったりですが、あまり食事バランスや健康のことについて考えない性格のようですね。

面倒なのは分かりますが、健康は他の何物にも代えられないので、どうか身体を大事にしてほしいですね。

布施博は現在滑舌も悪いと話題

出典:日刊ゲンダイDIGITAL

脊椎管狭窄症に加えて、最近の布施さんをテレビで見た視聴者からは、「滑舌が悪い」という意見が出ているみたいです。

呂律が回らないのは、舌の神経や筋肉が上手く機能していないことが考えられるため、もしかすると、脊柱管狭窄症の影響であることも否定しきれません。

また、お酒を多量に摂取すると呂律が回らなくなることはよくありますので、お酒の影響だった可能性もあります。

滑舌が悪いというのは、俳優業をする上ではかなり致命的です。

現在はお酒を控えていらっしゃるとのことなので、少しは改善されていればいいのですが・・。

布施博は現在見ないのは病気が原因かも…

出典:大人男子のライフマガジンMensModern[メンズモダン]

布施博さんは現在はあまりテレビには出演されていません。

原因は、先述の通り、「母親の介護」だと思われていましたが、現在の布施さんの体調から考えると、自身の療養のために俳優業を休止しているのでは?とも思えます。

いずれにしても、健康に気遣って過ごしてほしいですね。

以上、布施博さんについてご紹介しました!

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.