岡本真夜の現在について。病気で声出てないという噂が!?

Pocket

今回は、歌手や作曲家として活動されている岡本真夜さんについて特集します。

デビュー曲「tomorrow」が彼女の代表曲として知られていますが、そんな彼女、現在は声が出てないという噂があるようです。

その理由として病気説まで浮上しているのですが、大丈夫なのでしょうか?

岡本真夜のプロフィール

出典:岡本真夜 プロフィール

岡本真夜さんは、1974年1月9日に高知県中村市に生まれます。

中学2年生の頃吹奏楽部に所属していたことや、小学生から高校生までピアノのレッスンを受けていたこともあり、将来はピアニストになることを目指していましたが、高校一年生の時ラジオで「未来予想図II」を聞いたことがきっかけで、歌手を目指すようになります。

岡本真夜さんは、自分の歌声を録音したテープを母親のつてで現在の所属事務所に送ります。

その後返事が来たため、高校卒業と同時に上京し、ボイストレーニングやアルバイトの日々を送ることになります。

岡本さんはデビュー前に40曲も作曲し、1995年にそのうちの一曲である「TOMORROW」でデビューします。

スポンサードリンク

これがドラマ「セカンド・チャンス」の主題歌などに起用されるなどの大ヒットとなり、紅白歌合戦の出場も果たします。

2018年に地元高知県の観光特使にも就任されるなど、音楽活動以外でも活躍されています。

私生活では、2000年にコンサートの美術スタッフの男性と結婚され、息子が一人誕生していますが、2015年に離婚されていたことを後に告白しています。

離婚した理由はお互いに多忙だったからで、離婚の際に揉めることはなかったといわれています。

息子の親権は岡本真夜さんにわたり、現在はシングルマザーをされているとのことです。

岡本真夜子の現在について。2016年にピアニストとしてデビュー!【画像】

出典:岡本真夜、夢がかなった『always love you』リリースとピアニスト”mayo”としてインストアイベントで万感の拍手&アンコール

岡本真夜さんは、小学校から高校までピアノのレッスンをされていたようですが、最初の音楽活動は歌手としてのデビューでした。

ですが、ピアニストの夢はまだ消えていなかったらしく、2011年からピアノの練習を本格的に再開されました。

今までは歌手に没頭されていたようですが、2011年ごろから猛烈に歌手になりたいという想いが抑えきれなくなったんだとか。

そして2016年、歌手デビュー20周年ということもあって、岡本さんは「mayo」名義で念願のピアニストデビューを果たします!

出典:mayo、初のピアノコンサートツアーで東京凱旋公演「今日が夢のスタートです」

岡本真夜さんは、デビューした2016年の3月にアルバム「always love you」を発売されました。

タイトルナンバーでもある「always love you」は、映画「夢二〜ほとばしり」の主題歌にも起用されるなど、ピアニストとして好調な駆け出しでした。

また、翌月4月からは全国でピアノコンサートもされています!

岡本さんは、2011年にピアノのレッスンを再開された当初は、あまり自分の技術に自身が持てなかったようですが、ちょうどそのタイミングにレコード会社からオファーが来ました。

不安はあるものの、人との縁を大事にして、少し早めのデビューをしたそうです!

岡本さんはこれまで音楽を作曲する際に、自分の鼻歌を録音し、それをパズルのように再構成して一つの曲に仕上げるという方法を取っています。

ピアニストになってからも、変わらずこの方法で作曲されていて、これまでのようなオリジナリティあふれる曲を聴くことができます。

念願だったピアニストとしての活動、これからも頑張ってくださいね!

現在は千秋(タレント)とハンドメイド雑貨をプロデュースしていた

出典:岡本真夜、趣味の雑貨作りをTV初披露

岡本真夜さんは、音楽活動以外には高知県の観光大使をされていますが、他にも雑貨屋のプロデュースなどもされているみたいですよ!

岡本真夜さんは、タレントに仲の良い方が多く、その中の一人である千秋さんと2013年に「ハロー!サーカスプロジェクト」というハンドメイド雑貨をプロデュースされました。

出典:岡本真夜と旦那の結婚と離婚!顔や声の変化・病気・現在まで総まとめ

この雑貨は、千秋さんが代表となって、ハンドメイドが好きなママ友たちと一緒に始めたそうですが、商品のレベルはかなり高く、参加者のオーディションが開かれるほどだそうです。

ハロー!サーカスプロジェクトは店舗を持たず、全国をツアーのように巡回する雑貨屋さんということです。

また、ツアー以外にも「ハロー!サーカスカフェ」という雑貨を集めた喫茶もプロデュースされたそうです!

岡本真夜さんは時間があるときだけ参加しているとのことですが、この雑貨屋の商品はどれもとてもクオリティが高いため、岡本さんがどんな商品を作っているのか、とても気になりますね!

スポンサードリンク

岡本真夜は現在声出てない?歌が下手になったとの噂も

出典:岡本真夜、TBS『音楽の日』生歌歌唱で声が出ず…ファンに謝罪

現在の岡本真夜さんの歌声について見ていきましょう。

昔は美しい歌声でファンを魅了した彼女ですが、実は、最近声が出てないという噂が絶っているようです。

きっかけは、2015年に岡本さんが「音楽の日」「水曜歌謡曲」などの番組に出演された時に披露した「TOMORROW」。

ファンの間では、かなり声が劣化していると話題になったそうです。

 あれから21年とは言え、かなり劣化してて 残念でした。

と言った意見がかなり多かったです。

この時は、岡本さん自身声が出ていないことを自覚していたそうで、後で謝罪しています。

なんでも、前日に息子が熱を出していてそれが移ったというような発言をされています。

音楽をされている方にとっては、体調管理も重要な仕事ということですね。

しかし、2年後の2017年9月に、岡本さんが「MUSIC STATION」に出演された際にも、やはり「声が出てない」と話題になっていました。

出典:Mステに出演した岡本真夜さんの声が出ていないと心配の声 #Mステ #ウルトラFES

他にも同じような意見がかなり多かったです。

私もその時の映像を見てみたのですが、確かに昔に比べると歌うのがかなり苦しそうな感じがしました。

彼女の声が出なくなった理由としては、おそらくですが加齢による影響があると思います。

また、2011年からはピアノの練習をされていたということなので、そちらに没頭しすぎていたのかも?と想像しました。

とはいえ現在でもピアニストとして活動されていますので、あまり心配は無いかと思われます。

過去にかかった病気(メニエール病)について

出典:岡本真夜の画像・写真

岡本真夜さんの声が出ていない理由についてもう少し詳しく調べてみたところ、過去に「メニエール病」という病気にかかっていたことが分かりました。

実は、「音楽の日」や「水曜歌謡曲」で声が出なかったことを不審に思った岡本さんは、その後病院で検査を受けたそうです。

その結果、「メニエール病」との診断が下されました。

聴力検査で、メニエール病に特徴的な難聴が認められます。

特徴は、低音障害型(低い音が聞こえにくい)あるいは水平型で補充現象陽性(音が響いて聞こえる)などです。

引用:メニエール病

歌手にとって、難聴になるというのはかなりの致命傷であると言えるでしょう。

メルエール病は、ストレスや睡眠不足など、様々な要因が重なって起こるといわれていますので、あまり無理がないように活動してほしいですね。

チョコレート嚢胞も患っていた?

出典:岡本真夜「音楽で人を笑顔に」 高知市で3月チャリティー公演 ピアニスト活動も

岡本真夜さんは、メルエール病以外にも、過去にチョコレート嚢胞という病気で手術を受けていたようです。

彼女がチョコレート嚢胞を患っていたのは2013年のこと。

2016年にブログで告白されていました。

チョコレート嚢胞はどんな病気なのでしょうか?

チョコレート嚢胞は、子宮内膜症という病気のひとつです。卵巣に月経血成分が貯留することで卵巣が腫大した状態を指します。性成熟期(20~30歳代)に多くみられます。子宮内膜症とは、子宮内膜様の組織が子宮内面以外の場所に発生する病気です。チョコレート嚢胞は、子宮内膜症を有する女性に併発する病気と考えられています。

引用:チョコレート嚢胞

チョコレート嚢胞は放置すると卵巣がんにもなる危険な病気とのことです。

岡本さんが体の異変に気付いて医者の診断を受けた時、彼女のチョコレート嚢胞は7センチにも膨れ上がっていたそうです。

かなりの大きさですよね…。

すぐに手術が行われたのですが、発見が遅かったこともあり、

「基本的に痛みには強い方だと思うけど あの痛みは、本当に死ぬかと思いました(涙)」

と手術時のことを後に語っています。

現在は完治しているようなので一安心ですが、再発の可能性もあるといわれているそうで、岡本さんは女性に対して、「少しでも気になることがあれば検診に行ってほしい」とブログで語っています。

身体の健康は何よりも大切なことですからね。

病気になったら音楽活動にも支障が出てきますし、今後の身体に気を付けて活動してほしいと思います!

以上、岡本真夜さんについてご紹介しました。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.