小川真由美の今現在は?娘・MAHへの毒親ぶりがヤバい…

Pocket

今回ご紹介するのは女優の小川真由美さん。

映画「二匹の牝犬」や「八つ墓村」などに出演されていた演技派女優でした。

しかし、近年ではメディアでの活動が全くと言っていいほどありませんので、どうされているのかが噂されています。

今回は、そんな小川真由美さんの今現在と、娘さんについて見ていきたいと思います。

小川真由美のプロフィールと経歴

小川真由美さんは1939年12月11日東京都足立区生まれです。

1961年に文学座に合格し、研修生として「光明皇后」で初舞台を踏みます。

その後はドラマや映画の出演で知名度を上げていきます。

中でも、彼女の代表作の一つ「二匹の牝犬」では、共演者の緑魔子さんと一緒に悪女を演じたためか、「悪女スター」という不名誉な認知をされてしまったようです。

しかし、その後も「浮世絵 女ねずみ小僧」シリーズや映画「復讐するは我にあり」に出演され、アカデミー賞をはじめとする数々の受賞歴をお持ちです。

スポンサードリンク

小川真由美の娘はMAH(小川雅代)

小川真由美さんは、私生活では俳優の故・細川俊之さんと1970年に結婚されました。

細川さんとは1973年に離婚されていますが、娘さんが一人誕生されています。

名前は小川雅代(おがわまさよ)さん。

現在は「MAH」という芸名で音楽活動をされているそうです!

ツイッターとホームページで活動スケジュールなどについての情報が載っていましたので、興味ある方は見てみてくださいね^^

娘・MAHの幼少期が壮絶だった!毒親すぎる小川真由美の洗脳

娘のMAHさんについて調べてみたのですが、なんと母親である小川真由美さんとの仲は最悪だったようです。

小川真由美さんは当時の旦那さんだった細川俊之さんと離婚された後、当時4歳だったMAHさんの親権を引き取ったようですが、なんと小川真由美さんは育児放棄をしました。

さらに、両親が俳優だったMAHさんは、母である真由美さんから

「週刊誌にも狙われてるから誰も信用するな」「全部銀色に塗り替えろ」「48日以上家に居ると不幸になるから出ていけ」

と言われていたそうです。

16歳で高校を中退した雅代さんは母の付き人になるが、「キャッシュカードから300万円を盗んだ」と濡れ衣を着せられ、母親から1週間単位で自宅に放置されたことも。

金は後に、雅代さんが心を寄せていた住み込みのシナリオライター志望の女性の犯行と分かるのだが、食料を与えられない雅代さんは飢えの限界に。

引用:ベテラン女優の娘が赤裸々告白!壮絶な“母娘の愛憎”とは

とても子供を愛している親の言動とは思えないですよね。

そのうえ、母の真由美さんは当時宗教にハマっていたらしく、借金も抱えていたそうです。

そんな生活に耐えられなくなったのか、MAHさんは20歳の時に家出をして、現在の音楽活動をされているのですが、その後も母・真由美さんからの精神的虐待は続き、パニック障害と自殺未遂を起こしてしまいます。

38歳でうつ病とパニック障害を患いました。そして「母と会ってはいけない。」とドクターストップがかかりました。

1か月で13キロもやせましたが、それをきっかけに自立することになりました。

引用:小川真由美は若い頃モテた?現在は毒親で娘・MAHと絶縁?画像。

スポンサードリンク

それでもMAHさんは母親との関係の修復をあきらめていなかったようで、その手段として、2012年に「ポイズンママ」を出版します。

MAHさんは自身が母親から受けたネグレクトについて、著書「ポイズン・ママ」で詳しく語っています。

40年に及ぶ母と娘の闇を、娘である小川雅代が告白した衝撃的ノンフィクション。それが『ポイズン・ママ 母・小川真由美との40年戦争』だ。

10年前から何度も書こうとしてきたのですが、そのたびにつらかった記憶がフラッシュバックして耐え切れず、書けませんでした。でもこの10年間にも、母は私も巻き込んだ形で霊能者の“教祖”とのビジネスに2億円以上をつぎ込み、裁判沙汰になったり、現在も懲りずにまたまた別の霊能者に入れ込んだりしている。だから今書かないと、もう母との正常な関係は一生築けないと思って……。

―本を出された今現在はどのような心境ですか?

それが、自分でも意外なほどすっきりしているんです。この本で私は母を許していません。「それでも母が好きです」とか「やっぱり母を愛してます」的なことも一切書いていません。

やっぱりどうしても、そんなきれいごとは書けなかった。でも、ありのままを書いた結果、「私も母娘関係で悩み続けています」「親が“悪い宗教”にハマって苦しんでいます」「母との関係を見つめ直すことができました」という女性の読者の方から多くの反響をいただけたんです。本当にうれしかったですね。

引用:鬱病、パニック障害、自殺未遂……。大女優にして母親である小川真由美との40年戦争を娘・小川雅代が初告白

毒親に育てられたという人は多いと思いますから、共感してくれる読者はかなり多かったことでしょうね。

因みに、この本は母・真由美さんは読んでいないらしく、出版直後に「あんたマスコミに洗脳されたのね。」と言ってきたんだとか苦笑。

結局修復することはできなかったようですが、MAHさんにとっては自分の想いを著書で綴ったことは本人にとっては心が晴れたようなので、よかったと思います。

現在小川真由美さんとMAHさんはほぼ絶縁状態だということです。

これまで大変な思いをした分、これからの人生は楽しく幸せに生きてほしいですね!

小川真由美の今現在について。尼僧になっていた!

さて、晴れて独り立ちをした娘のMAHさんですが、一方の小川真由美さんは現在どうされているのでしょうか?

調べてみたところ、小川さんは現在女優としての活動は全くなく、何故か真言宗の尼僧になっていたようです。

女優の小川真由美さんは、小川眞由美と改名され
「2年前に真言六字密教六水院(下ヨシ子管長)で得度し尼になったが、
女優は開店中。文学座の有志で芝居がしたい」とおっしゃっております。

引用:yahoo!知恵袋

なんと、女優ではなく尼になっていたようです。

とはいっても、髪を剃ったわけではなく、お寺にも週に2~3回通う程度だったため、尼になったとは言い難いですね。

もともと宗教にハマって借金を作っていた過去もありますので、その影響もあったのではないでしょうか。

また、娘のMAHさんによると、現在は都内のマンションで一人暮らしをしていた、介護サービスを受ける生活をしているそうです。

こんな噂もありました。

真言宗の尼僧に得度したそうですが、女優を辞めたわけではなく、今は体調を崩して自宅療養中とのこと。2017年現在で77歳という年齢を考えても本当に心配ですが、立っているだけで独特の存在感を醸し出す数少ない女優の1人なので、体調が許すならば、今後も活躍してほしいものです。

引用:小川眞由美が毒親だったと言われる理由とは!

介護サービスを受けているということもあり、体調は決して良くないようですね。

娘のMAHさんとの関係が良好ならば、MAHさんが介護を引き受けてくれたかもしれませんが、それは難しそうです。

いずれにせよ、体調に気を付けて過ごしてほしいですね。

以上、小川真由美さんの現在と娘のMAHさんについてご紹介しました!

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.