矢部美穂の母・矢部文子の店はスナック!サンジャポで娘を食う人気ぶり!

Pocket

「やべっち」の愛称で親しまれているタレントの矢部美穂さん

矢部さんは過去に不倫で世間を騒がせてきた過去があることでも知られています。

しかし、そんな彼女よりもはるかに「やばい」のが、彼女のお母さんなんだそうです!

今回は、矢部美穂さんの母親のエピソードについて語っていきたいと思います。

矢部みほの母親は矢部文子!

この女性、矢部みほさんのお母さんで、矢部文子さんといいます。文子さんは1949年生まれで北海道恵庭市出身です。

芸能界で活躍する(していた)三人娘のお母さんということになるのですが、むしろ文子さん自身の方が「芸能界向きなのでは?」と言われている、なかなか度胸の据わった女性です。

実際、三女の美希さんもそれを認めています。

スポンサードリンク

夜中に起きると母がブツブツ新ネタを練習していて(苦笑)。家族でいちばん芸能界向きかも(笑)

<引用:https://www.news-postseven.com

それもそのはず、もともと文子さんは芸能界に入る気満々の女性だったのです。

実はね、小さい頃から芸能人になりたかったの。

高校卒業後はアナウンス学院に通いながら、すすきののキャバレーでも働いていました。

なんとか芸能界の人の目にとまらないかなって。

そしたら、ちあきなおみさんのマネジャーにスカウトされたんですよ! でも、デビュー直前で舟木一夫に似た男性と恋に落ちてしまって、不義理をしちゃったの。ウフフ。

<引用:https://www.news-postseven.com

文子さん自身は、この舟木一夫似の男性によって芸能界入りを諦めましたが、娘3人が芸能界入りしたのには、そんな背景があったのですね。納得です。

文子ママはガールズバー「YABEKE」のオーナーだった

<出典:https://ameblo.jp

気になる文子ママのお仕事についてですが、彼女は現在スナックで働かれているようですよ!

お店の名前は「YABEKE」

名前のまんまですね(笑)。

現在、このガーズルバ―「YABEKE」には、メディアでも話題になった文子ママに会うためにやって来るお客さんが多く、「文子さんがオーナー?」と思う向きもありますが、実は

文子ママがお店を経営しているのではなく、矢部美穂さんのお店で従業員として働いているということのようです。

<引用:https://気になる芸能人あれこれ.com

なかなか貫禄のある女性なので、写真でもなんとなくオーナーっぽいオーラが出ていますよね。

スナック「YABEKE」の住所(場所)は池尻大橋?

<出典:https://tabelog.com

「YABEKE」の住所についても気になりますね!いったいどこにあるのでしょうか?

インターネット検索をすると、

東京都世田谷区池尻2丁目34−1 ハイツルピネス 1F

という所在地情報が出てきます。

1日を通じて交通量の多い246号線の池尻交差点から1本目黒寄りに入ったところの、池尻大橋というところに位置します。

世田谷区というと住宅地のイメージが強いと思います。

この辺りも基本的には住宅地なのですが、渋谷駅からも2㎞程度で徒歩圏内ですし、ほど近い三宿(みしゅく)あたりには飲食店や雑貨屋も多くあります。

また近くには「世田谷ものづくり学校」もあり、基本的には人の流れが昼も夜も、休日も平日も多いエリアであるといえます。

文子ママには娘が3人いた!【画像あり】

現在「YABEKE」の看板として大人気の文子ママ。

彼女の3人の息子さんの顔写真がこちら!

<出典:http://hana-fs.com

手前から、長女のみほさん、三女の美希さん、次女の美佳さん、そして文子ママです。これは確かにお店に行きたくなる美女たちの歓待ですね。

上でも述べたとおり、文子ママにはこの3人の娘さんと1人の息子さんがいます。

息子さんは、年齢が明らかになっていませんが、「美希さんよりは年上」ということがわかっています。

この迫力ある女性4人に囲まれて育った息子さんにも興味がわきますね。

文子ママは「サンジャポ」の出演で有名!若い頃のすごすぎる離婚歴も話題に

文子さんの溢れる才能は、TBS系の『サンデー・ジャポン』に出演しているテリー伊藤さんからも絶賛されています。

同番組では、文子ママの離婚歴についても触れられています。

みほさんの父親にあたる人物は、文子ママの芸能界入りの野望を諦めさせるほどのイケメンジョッキーだったといいます。しかし、

相手の“飲む・打つ・買う”で離婚。次の相手ともDVで離婚。

2人の男性と2度ずつ、計4度の離婚を経て、娘3人、息子1人の4人の子供を抱え、シングルマザーとなる。

<引用:https://www.news-postseven.com

「2人の男性」という部分はともかく「2度ずつ、計4度」というところに驚かされます。

そして4人の子供を抱えてシングルマザーになる、というのはかなりの覚悟を必要とするように思いますが、そこはさすが肝の据わった文子ママ、えいやとばかりに4人まとめて引き取ったんですね。

「アウト×デラックス」出演時のエピソード

<出典:https://ameblo.jp

文子ママはフジテレビ系列のトークバラエティ番組『アウト×デラックス』にも出演しています。

マツコさんと元ナインティナインの矢部浩之さんが出ている番組ですね。

番組内ではこんなエピソードがありました。

マツコさんが文子さんに「坂上忍なんてどう?」と勧めると文子さんは、坂上さんの「お付き合いする気になれない」という言葉を無視する勢いで、うちに遊びに来るようにと積極的に誘っていたのです。

<出典:http://芸能人の父親母親特集.com

あの坂上忍さんが押され気味になってしまうというのはちょっと面白いですよね。

またマツコさんとの間にはこんなイイ話もあったのです。

<出典:http://matsuko.bijo.ch

(文子さんは)『アウト×デラックス』出演時には、マツコさんの優しさが忘れられなかったと語っています。

一般人である矢部文子さんは、本番収録中に、放送禁止用語などのNGワードを言ってしまったりしてNGを出してしまい、スタッフに「きちんとやってください」と注意されることもたびたびあったそうです。

その時に、マツコさんは、スタッフをこう言って叱り飛ばしたそうです。「素人だからそこがいいんじゃないの!何がNGよ!お母さん気にしないでね」

<引用:https://www.news-postseven.com

人気を得た今でも、マツコさんは「自分はマイノリティー」だという意識を変わらず持っています。だからこそ、弱者への目線がどこまでも優しい。売れっ子になっても決して天狗にはならない。

スポンサードリンク

「私には娘が3人いますけど、娘以上の気配り、心配りを見せてくれるのがマツコさんです」そう語る矢部文子さんでした。

<引用:https://www.news-postseven.com

これはたしかに、心温まります。

ただでさえ緊張している慣れない撮影現場で、緊張のあまり何がNGワードなのかなんて頭から吹き飛んでしまいますよね。

そこでさらに注意を受けたら委縮して何もできなくなってしまいます。

そんなときにマツコさんの優しい声がけがあったからこそ、文子さんは本来の自分の良さを十分に発揮することができたのでしょうね。

文子ママと矢部みほが同居している理由が怖かった…

<出典:https://ameblo.jp

矢部みほさんの2017年11月16日のブログ記事によると

引越しします!!ところで、何故今引越しなのかと言いますと、色々ありまして、妹が家を出るので私が戻らなくちゃいけなくなって。

文子ママは霊感が強く?1人では生活出来ない人なので、私が一緒に住んであげるしかないんですよね。

<引用:https://www.excite.co.jp

とあります。これはどういう意味なのでしょうか?

文子ママが霊感が強すぎて、いろいろなものを引き寄せてしまうということなのでしょうか。

あるエンタメ記者はこう述べています。

“1人では生活出来ない”のは単に寂しがり屋なのかもしれませんが、“霊感が強く?”と前置きがある以上、家の中で何かが見えたり聞こえたりして文子ママが怖がっていると読み取るのが自然でしょう。

<引用:https://www.excite.co.jp

なんと家の中で日常的にホラーな光景が繰り広げられている・・・。

怖がりなのに見えてしまう文子ママ、確かに一人で放っておくのは心配ですよね。

そして母親思いなみほさん、いい娘さんですね。

本人がお化けみたいとの意見も

View this post on Instagram

文子ママさん(@fumiko__mama)がシェアした投稿

そんなわけで、現在幽霊に悩まされているという文子ママですが、ネット上にこんなやり取りがありました(笑)。

Q:アウトデラックスに出てる矢部美穂さんのお母さん、ファンデーション黄色くないですか?

A:黄色いとは思わないけど、ちょっと厚化粧で、妖怪っぽい感じの人ですよね。

でも、面白い!

<引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

「文子ママが妖怪っぽい」という、なんとも失礼な会話ですね苦笑。

高齢の方がテレビに出る際には、映りを良くするために照明を強くしたり、化粧を通常よりも濃くすることはよくありますので、お化け呼ばわりしないであげてくださいね!

文子ママから子供達への想い「人生を謳歌してほしい」

View this post on Instagram

文子ママさん(@fumiko__mama)がシェアした投稿

波乱万丈な人生を送ってきた、しかし霊感があって1人では住めない、そんな強い面と弱い面を併せ持った文子ママ。なかなか魅力的な人物です。

だからこそというべきか、子供たちに対する「母親」としての姿勢にはかっこいいものがあり、子供たちにも「人生は1回きり。わが子にも謳歌してほしい」と語っています。

自身が謳歌したからこそ、「わが子にも」と言える、さすがです。

そしてこんな面白い発言もあります。

子供にはアルバムを作ってやって、そこに遺言書も書いてあるんです。

内容?葬儀は1社だけじゃなくて、“あいみつ”をとりなさい、とか。

お金がなければ家族葬でいい、でもお金があったら、ひとりでも多くの人に来てもらいたいから盛大にして、とかね(笑)

<引用:https://www.news-postseven.com

4人の子供たちは、文子ママのお葬式の場で「悲しみ」だけでなく、別の感情にも浸ることが出来そうですね。

そしてなんとなくお葬式なのに、にぎやかで、和やかで、笑顔が多くみられるお葬式になるのでは?と勝手ながら想像してしまいます。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.