若尾文子が現在激やせで杖姿?マンションはどこ?夫は黒川紀章?

Pocket

1950年代から数多くの映画やドラマに出演されてきた、女優の若尾文子(わかおあやこ)さん

「しとやかな獣」や「卍」といった代表作で、色気ある演技をされていました。

この記事では、そんな若尾文子さんの夫や現在について特集していきたいと思います!

彼女の旦那だった黒川紀章さんはどんな方だったのでしょうか?また現在はどうされているのでしょう?

若尾文子のプロフィール

若尾文子さんとはどんな女優さんなのでしょうか?簡単なプロフィールをご紹介します!

本名:黒川文子
生年月日:1933年11月8日
出身地:東京府東京市荒川区
職業:女優
ジャンル:映画・テレビドラマ・舞台・CM
活動期間:1951年~

1951年に大映株式会社から芸能界デビュー。

1952年のの映画「死の街を脱れて」でデビューし、その後1971年に大映が倒産するまで、その美貌と演技力で多くの賞を受賞し、戦後を代表する女優の一人として認知されるようになりました。

スポンサードリンク

20世紀のスターとして「キネマ旬報」や「オールタイム・ベスト 日本映画男優・女優」にランクインしている大女優です。

若い頃が美人過ぎ!!!

若尾文子さんは、現在だとソフトバンクのCMでお母さん役をされている事で知っているという方が多いのではないでしょうか。

優しいお母さんといった雰囲気の方ですよね。

しかし、そんな彼女が若い頃の写真があまりにも美人だという事もひそかに話題になっております笑。

こちらはいつ頃の写真でしょうか、若尾さんが20代の頃の写真だと思いますが、透明感があってとても綺麗ですね!

正統派女優といった感じがします。まるで昔のハリウッド女優のブロマイド写真のようです!

こちらは写真がカラーですから、60年代くらいに撮られたものでしょうか?こちらもとてもお美しいですね^^

現在の面影が残っています。

では最後にこちら!

大和撫子らしい着物姿です!髪型と服装が現在とほぼ同じなので、雰囲気は現在と変わりませんが、若い頃から女優としてのオーラが漂っています!

やはり若尾さんには昔から着物が似合いますね^^

若尾文子の夫は建築家の黒川紀章。

若尾文子さんは、1983年に建築家として名高い黒川紀章さんと結婚されました。

黒川紀章さんのプロフィールはこちらです。

本名:黒川紀章(くろかわのりあき)
生年月日:1934年4月8日
死没:2007年10月12日
出身地:愛知県海部郡蟹江町
職業:建築家(一級建築士)、思想家、実業家、政治活動家
所属:日本芸術院等

本業は建築家ですが、政治活動を行っていたことでも有名であり、落選はしたものの、衆議院選挙に立候補した事もあります。

結局政治家として本格的に活動する事はありませんでしたが、有名建築家の政治活動家という事で、当時は「バラエティの宝」と言われるほどの注目を集めていたようです。

因みに、若尾さんにとって、黒川さんとの結婚は実は再婚です。

最初のご結婚は、若尾さんが30歳の時で、お相手は、商業デザイナーをされていた方だそうです。

若尾さんの、お父さんの出身地にある、久遠寺で挙式されたそうですが、6年後に離婚されています。

お相手の情報は職業しか分かっていないので、どのようにして知り合ったのかなどについては分かりません。う~ん、気になる!!!!!

大阪万博会場や美術館を多数デザイン!

若尾文子さんの夫・黒川紀章さんは、建築家としてこれまでに数々の有名な建築物のデザインに携わってきました。

有名なのは大阪万博の東芝IHI館(写真上)や、全国に点在する数多くの美術館、博物館です。

黒川さんがデザインされた代表的な美術館はコチラになります。

(埼玉県立近代美術館)

(広島市現代美術館)

スポンサードリンク

こちらのオランダ・アムステルダムになる「ゴッホ美術館」のデザインも、黒川さんによるものです。

日本以外の建築物のデザインまで任されているなんて、流石大物ですね!!!

他にも、海外だと「クアラルンプール国際空港」「リパブリックプラザ」も黒川さんの作品です。

黒川さんの建築物は、外観が芸術的なため、かなり目につきますよね。建物に入る前に誰が建築したのかを当ててみるのも面白いかもしれません笑。

馴れ初めエピソード

若尾文子さんと黒川紀章さんの馴れ初めについて見ていきましょう。

女優と建築家とは変わったカップルですが、どのように知り合ったのでしょうか???

黒川さんと出会ったのは1976年のことで、籍をいれるまでに7年の歳月を要したそうです。

テレビ番組の対談で共演したことが、出会いのきっかけで、黒川さんが、若尾さんの美貌の虜になってしまったのでした。

「きみはバロックの美のようだ(目などに左右均等の美があるという意味)」

と、べたぼれだったご様子(^^;)

いかにも芸術家っぽい美的表現をされますね笑。とても黒川さんらしいと思います^^

しかし、黒川さんはその時、奥さんとお子さんが二人いらっしゃる身でした。

その後、お二人は一緒に暮らし始めますが、前妻やお子さんとのこともあり、すぐに籍を入れることはできなかったようです。

あれ、、、これって略奪婚というやつなのではないでしょうか?黒川さんが若尾さんと結婚するために奥さんと離婚したという感じがしますが…。

晴れてご夫婦になられた時、若尾さんは50歳になられていました。

生活時間帯が違うお二人は、別居していたこともあるそうですが、それでも、毎日連絡を取り合い、若尾さんは、黒川さんに毎朝手作り弁当を届けていたそうです。

「若尾は女優として国の宝。僕が独占しちゃいけない」

これが黒川さんの持論だったそうです。

結婚するにあたって障害はあったようですが、毎日連絡を取って弁当まで持たせていたという事なので、お二人の愛情は本物だったのでしょう!

当時は女性は仕事を辞めて家庭に入るといった風潮がありましたが、黒川さんは若尾さんに女優として活躍してほしかったのでしょうね^^

2007年、夫の黒川紀章が死去。死因は?

結婚されて、一緒に住んでいないながらも幸せな夫婦生活をされていたお2人ですが、2007年10月12日に黒川紀章さんが病気でこの世を去りました。73歳でした。

死因は、多臓器不全ということで、亡くなる前日から東京女子医科大学病院に入院されていたとのことです。

若尾さんと黒川さんの最期のやりとりはとても胸を打たれるものでした。

夫の黒川紀章が亡くなる2日前に、若尾が「私、あんまりいい奥さんじゃなかったわね。」と問うと、「そんなこと、そんなこと、そんなこと(ない)! 本当に(君が)好きだったんだから」と黒川に言われたのがふたりだけの最後の会話になったという。

一緒にいる時間は少なかったかもしれませんが、とても深い愛情で結ばれていたのですね。

若尾さんにとっても突然の夫の死はとても辛いものだったらしく、上記のエピソードは彼女がインターホン越しにマスコミに伝えたのだそうです。

黒川紀章さんのご冥福をお祈りします。

子供はいたの?

若尾文子さんと黒川紀章さんの間には子供はいなかったようです。

お互い多忙な身で、一緒に住まず、別居していたくらいですから、とてもそれどころではなかった事でしょう。

子供を持つ事は人生の必須条件ではないですし、お二人は仕事をしている時が一番輝いているでしょうから、これでよかったのだと思います。

若尾文子が現在激やせした?

若尾文子さんが現在、激やせしたという噂があるようなので、画像を探してみたのですが、、、

どうでしょうか?上の写真だと、首元のしわが目立つため、確かに痩せたような印象はありますが、これは年齢によるものですし、「激やせ」というほど大げさなものではないですよね。

杖をついて舞台挨拶。大丈夫?

さて、こちらの写真が、若尾文子さんが2015年12月26日に開催された「若尾文子映画祭」に登場したときのもの。

杖をついていますが、足腰の調子が悪いのでしょうか?

女優、若尾文子(81)が27日、東京・角川シネマ新宿で開幕した「若尾文子映画祭 青春」で舞台あいさつに出席した。

 若尾はつえをつき男性スタッフに支えられて登壇。

足元が心もとない様子で、「実は滑って転んで、足を痛めちゃって…」と明かした。

関係者によると、8日に放送されたTBS系スペシャルドラマ「居酒屋もへじ4」の撮影で転んで腰と足を強打したという。

うわあ、、、とても痛そうですね。

若い頃なら転んで脚を痛めても回復は割と早いですが、歳をとると治りも遅いので、結構大変だと思います。

あまり無理をせず、お大事にされてくださいね。

若尾文子は石井ふく子、奈良岡朋子とマンションが同じ?

若尾文子さんは現在都内のマンションに住んでいますが、女優の奈良岡朋子さんと演出家の石井ふく子さんと同じマンションに住んでいらっしゃるそうです!

凄い偶然ですね^^

若尾文子さんはこのお2人について、

「私にとっては、友達というより、どちらかというと”師”ですね。奈良岡さんには、私が初めて舞台をやるときに、舞台の心得などいろいろ教えてくださいましたし、私がテレビに出るひとつのきっかけを作ってくださったのが石井さんでした」

と言っておりました!お2人を尊敬しているのが分かりますね!

でも、現在同じ建物に住んでいらっしゃるということであれば、半ば友達のような感じで関わったりできるので、楽しそうですよね^^

老後は孤独感に苛まれる方が多いですが、若尾さんはそのような心配はなさそうです!

これからも元気似女優として活躍してくださいね!!!

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.