持田香織は声が出ないけど復活?若い頃はかわいいけど現在は?

Pocket

シンガーソングライターとして活躍されている持田香織さん

「Every Little Thing」として活躍されていますよね。最も有名なヒット曲は「Time goes by」ではないでしょうか^^

今回特集するのは、持田香織さんの声が出ないという噂や若い頃がかわいいという噂、そして現在についてです。

持田香織のプロフィール

まずは持田香織さんの情報からさらっとご紹介!

本名:持田香織(もちだかおり)
生年月日:1978年3月24日
出身地:東京都江東区亀戸
出身校:私立中村高等学校
血液型:A型
職業:シンガーソングライター
事務所:エイベックス・エンタテインメント

子役時代からモデルとして活動され、Every Little Thingのメンバーとして「Feel My Heart」でCDデビューします。

その後に出された「Time Goes By」は特に有名な曲なので、一度は聞いた事があるという方は多いのではないでしょうか。

因みに、持田さんは元々ソロとして活動していた時期がありましたが、あまりヒットしなかった事と、学業に専念するために、ソロ活動は諦めています。

スポンサードリンク

持田香織の声が出ないという噂について

さて、持田香織さんの「声が出ない」とか「音痴」といったことがかなり言われているようですね。

ネット上での彼女の歌声の変化に対する意見がこちらになります。

持田香織さんの歌声といえば、透き通って綺麗で伸びのある声でした。

それが、近年では

・高音でない
・音程外しまくり
・キーが不安定
・音痴
・劣化した

などなど酷評されています。

かなり悪い意見が目立つようですね…。

実際に彼女の声が出なくなった事によってどのような影響が出たのか、具体的なエピソードについて見ていきましょう。

持田香織の声出ないエピソードまとめ

こちらは持田香織さんの声が出なくなった影響を示唆させるエピソード一覧です。

現在の彼女の歌声を聞ければお分かり頂けると思いますが、その歌声は低音を重視するものへと変わっています。

とにかく高音を出すときには辛そうな表情をしています。

2005年1月の熊本でのライブでは「fragile」を歌っている途中に自分の声が思うように出せず思わず泣き出してしまった。というエピソードもあります。

持田さんご本人は「もう歌えないかも…」と思っていたようです。

こちらは以前テレビで放送された『1番ソングSHOW』でのエピソードです。

『1番ソングSHOW』での持田の歌唱は、出だしの「ウォ~ウォ~ウォ~~」の部分から4分の1から半音ほど音程が低く、「信じあえる~喜びも~~」から始まるサビ部分に到達しても、改善の余地はなし。

これだけネットで持田さんの声が出なくなったことに対しての情報が出回っているくらいですから、おそらく誰が聞いても分かるほど音痴になってしまったのでしょう。

私も実際に聞いてみましたが、確かに全盛期の彼女と比べると雲泥の差でした。

持田香織の声に対するネット上の反応

こちらは持田さんの声の劣化に対するネット上の感想です。

ネット上でも彼女の声を心配する意見があふれていました。

特に、「1番ソングSHOW」で放映されてしまった彼女の声に対しては特に批判が多く、

「なんかもう痛々しいな」
「下手すぎて涙が出るわ」
「知ってたけど更にヒドくなってるな」
「歌として成立してないぞ」
「音程下げてこれかよ」
「台所のカアチャンまでこれ本人?って観に来た‥」
「何があったの?」
「もう声が出ないから口パクでもいいのに」
「マジでやめてやれよ」

といった状態でした。

ここまで言われていると、流石に可哀そうになってきますね…。本人も気にしているみたいですし、一体何が原因なのでしょうか?

声が出なくなった原因は病気で喉をやられたから?

持田香織さんの声が出なくなってしまった原因について調べてみたところ、どうやら喉の病気が原因だったようです。

その病気というのが、「急性気管支炎」という病気だったようです。

スポンサードリンク

【急性気管支炎とは?】

急性気管支炎とは、気管支に急性の炎症が生じることから、咳や痰などの呼吸器症状を引き起こす病気です。発症原因としては、ウイルスや細菌などの感染症が多く、その他に大気汚染物質の吸引などがあります。

急性気管炎における症状の主体は、痰を伴う咳です。原因となる病原体によって、発熱、全身倦怠感けんたいかん、筋肉痛、咽頭痛(のどの痛み)、鼻水など付随する症状は異なってきます。

喉の痛みが症状であるため、声が出にくくなるのは当たり前で、その上身体の倦怠感もあるようです。

持田さんはなぜ急性気管支炎になってしまったのでしょうか?

ちょうどこの時期はELT史上最長のライブツアー『commonplace tour 2004-2005』が敢行されており、彼らは38会場44公演を行う真っ只中にいたのです。

それに加え、年末年始ということもあって音楽番組の出演とも重なり、喉を酷使する日々が続いていました。
それが祟って急性気管支炎を発症するに至ったのです。

体調がすぐれない時に、かなり無理をしてしまったようです。

その結果ライブで思うように歌が歌えずに泣き出すということもあったようで…。

ライブに来ていたお客さん達も心配していたようで、「休ませてあげて」といった意見が相次いだようです。

これを受けて持田さんは2005年にライブでの活動を延期する事になったそうです。

持田香織は喉の手術を受けた?

病気で声が出ないというのは歌手にとっては致命的ですが、持田さんはその後手術などを受けたのでしょうか?

一説には喉にできたポリープの摘出手術を受けていたという情報も見受けられるため、歌い方が変わった真意については本人にしか分かりません。

というわけで、声が出なくなってから持田さんがどのような対処をしたのかは分かりません。

ですが、無理がたたって声が出なくなったという事なので、ライブを延期している間に十分な休養を取っていたのは間違いないでしょう。

持田香織の声は現在は復活したのか?

そんな持田香織さんの声ですが、現在は復活して以前のような綺麗な声が出るようになっているのでしょうか?

ファンであれば気になるところですよね。

調べてみたところ、2015年8月29日に持田さんがエイベックスのライブイベントに登場したという情報がありました。

声が出なくなってからかなり久しぶりのライブになるのですが、その歌声はどんな感じだったのでしょう?

その時のライブの状況がこちら。

往年のヒット曲『Time goes by』を披露した。かなり低いキーでの歌となったのだが、それでも声が出ない様子。

かなり苦しそうに歌っていました。全盛期のような伸びのある歌声はありませんでした。

そんなことも原因なのか、出番の早いELTの時には席がガラガラであった。

残念ながら、持田さんの声は現在でも復活していないという見方が強いようですね。

高い声が出なくなってしまったために彼女の歌い方が変わったようで、それに違和感を覚える観客が多かったようです。

最近ではあまりヒット曲も出ていないため、今後の活動が心配ではありますが、是非また以前のような素敵な歌声を披露してほしいですね!

持田香織の若い頃がアイドル並みに可愛い!【画像あり】

持田香織さんの若いころの姿が可愛いと話題になっているようですね。

特に高校時代の姿がネット上で大絶賛されているようなので、とても気になりますね^^

早速見ていきましょう!

これは、確かにアイドル並みの可愛さですね!こんな女の子が高校のクラスにいたら、男性に注目されていた事は間違いないでしょうね笑。

アイドルとして活動されていたのも納得がいきますね。因みに、持田さんはアイドル時代にあの松本人志にナンパされた事があるんだとか!

こちらは1997年の持田さんの写真です。こちらもとても綺麗ですね♪

Every Little Thingとしてデビューしてからの写真なので、高校時代よりも垢抜けて見えます。

こちらは1998年に森永製菓の「ICE」のCMに出演した時の持田さんの写真です。

個人的にこの写真が一番好きですね。彼女の透明感ある歌声とマッチしてるようでとても素敵です^^

持田香織の現在の姿もチェック!

若い頃の写真を見たので、せっかくなので現在の持田さんの写真も見ていきましょう!

噂では劣化したという声もあるようなのですが…、実際はどうなんでしょう?

現在でもとても綺麗ですよね!劣化なんてとんでもない(笑)。大人っぽい落ち着いた雰囲気がとても素敵です♪

いかがだったでしょうか?

今回は持田香織さんの声と若い頃、現在についてご紹介しました!持田さんの歌声に関する新たな情報が入り次第更新していきたいと思います。

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.