田中邦衛今どうしてる?現在の画像は?娘・田中淳子はアナウンサー?

Pocket

ドラマ「北の国から」や映画「若大将」シリーズの出演で知られている、俳優の田中邦衛さん

アカデミー賞やブルーリボン賞を受賞されるなど、演技を高く評価されています。

そんな田中邦衛さんですが、最近はあまり見ないということで少々心配になりますよね。今回は、彼の今現在の活動や生活、また娘さんについて特集していきます。

田中邦衛のプロフィール

まずは田中邦衛さんのプロフィールから見ていきましょう。

本名:田中邦衛(たなかくにえ)
生年月日:1932年11月23日
出身地:岐阜県土岐郡
身長:167㎝
血液型:O型
職業:俳優

俳優デビューしたのは1957年の映画「純愛物語」の出演。

その後は持ち前の演技力を活かして、悪役からコミカルな役まで幅広く演じ、多くのドラマや映画で存在感を放つようになります。

2000年以前の出演作は非常に多かったのですが、2010年以降に出演が全くなく、「芸能界を引退した」という噂も。

スポンサードリンク

現在はどうされているのでしょうか?

「北の国から」の田中邦衛今どうしてる?今現在死去したという噂もあるけど…【画像あり】

田中邦衛さんは、現在ではテレビやドラマに全く出演されていないため、ネット上には「死去してしまったのでは?」という方も多いようですね。

結論から言いますと、田中邦衛さんは現在(2019年)もご存命です。

ですが、彼が一番最近に公の場に姿を現したのは、2012年。

2012年6月に亡くなった地井武男のお別れ会が行われた8月。

2012年:北の国からでも共演していた地井武男のお別れ会に出席。

「仕事ではありませんでしたが、’12年にも公の場に姿を見せています。『北の国から』などで共演した地井武男さんが亡くなり、お別れの会の発起人に名を連ねたんです。祭壇の前で“おいら信じられない。会いたいよ!”と語りかけました」(同・スポーツ紙記者)

田中さんの代表作である「北の国から」。田中さんにとっても思い入れのあるシリーズだったことでしょう。

そんなシリーズで共演していた地井武男の訃報は悲しい出来事だったと思います。

ご冥福をお祈り申し上げます。

池田さんの死因は心疾患による「うっ血性心不全」だったそうです。

田中さんは現在体調は大丈夫なのかも心配ですね。

今現在は老人ホームで闘病生活を送っている?認知症で俳優引退の噂も

田中邦衛さんの現在について調べてみたところ、現在病気で療養中という情報が出てきました。

この噂の原因となった出来事は、2015年に「北の国から」のプロデューサーが亡くなったですが、その葬儀に欠席したことでした。

葬儀を欠席するとはただ事ではありませんよね。いったい何があったのでしょうか?

調べてみると、田中さんは2015年から老人ホームに入居していたんだそうです!

田中氏が介護付き有料老人ホームに入居していることを報じたのは、『週刊ポスト』2015年10月30日号だった。記事では、田中氏が高熱で入院したのをきっかけに歩行困難となり、車椅子生活になったこと、自宅に戻ることを目標にホームでリハビリに励んでいる様子などを伝えた。

当時、夫人は「(本人は)“しっかり足を治して自宅に帰ってくる”と言っている」と語っていた。

田中さんの奥さんによると、あくまで仮の入居だということを当時強調されていたそうです。

本格的に老人ホームに生活の拠点を置いてしまうわけではないようなので、一安心といったところでしょうか。

しかし、田中さんの奥さんによると、2013年に田中さんが雑誌で俳優引退を仄めかす発言をされていたようです。

’13年11月、『週刊女性』は田中が直面している厳しい状況を伝えた。長ゼリフが覚えられないことを理由に仕事のオファーを断り、「俺、もう引退したんだ」と話していたという証言があったのだ。

「’14年に高倉健さんが亡くなったとき、田中さんのコメントは寄せられませんでした。『網走番外地シリーズ』で共演した縁があるので、お元気ならば追悼の言葉を寄せたはずです」(映画ライター)

セリフが覚えられないということなので、老人ホームのお世話になる前から身体に負担を感じていたようです。

そのため、「認知症なのでは?」という噂も出回っています。

実際に認知症だという公式の発表はありませんが、そういった噂が出てくるのも仕方ないのかもしれません。

スポンサードリンク

現在は自宅で療養中も、「回復してない」との証言も

老人ホームに入居していたという田中邦衛さんですが、2017年に自宅に戻ってリハビリ生活をしているという情報が入ってきました!

「10月に週刊誌で報じられた記事がきっかけですね。田中邦衛さんが老人ホームから自宅に帰ってきたというんです。2年前に歩行困難になって、車イス生活になっていたのが徐々に回復に向かっており、“元気になっている”という奥さんの証言もありました」(スポーツ紙記者)

歩行困難というのは高齢者にとってはかなり大変なことだと思いますが、良くなっているということなので、一安心ですね!

ですが、ネット上ではこんな目撃情報もありました。

「ここ最近は、あまり姿を見かけないようで、施設に入っていたときは、週1くらいで自宅に帰ってきていたので、車イスで家に入るところをたびたび見かけましたが、そういえばこのところ、まったく見かけませんね

「はっきりいって、田中さんの体調は回復していません。認知症もかなり進んでいるようです。施設を出てからは家の2階にこもりきりで、外にはまったく出てこないようです。奥さんが沈んだ表情で周囲に話していたと聞きましたよ……」

老人ホームを出ることはできたようですが、残念ながら実際には体調は回復していなかったようです。

そして噂通り認知症の症状が進んでいるんだとか…。

噂では「北の国から」の続編のプロジェクトが進んでいるという情報もありましたが、この感じだと出演が難しそうな気がしますね。

田中邦衛さんはすでに80歳を超えているため、今後認知症が回復していくのは難しいかもしれません。

せめて今より症状が悪化しないように元気に暮らしてほしいですね。

田中邦衛の娘(長女)・田中淳子はNHKのアナウンサー【画像あり】

続いて田中邦衛さんの娘について見ていきましょう!

田中さんには、結婚した嫁との間に娘さんが2人いらっしゃるようです。

長女の名前は田中淳子さん

生年月日 1964年生まれ
出身地  東京都
学歴   上智大学外国語学部英語学科卒
職業   NHK BS1ニュースキャスター

長女の純子さんは現在NHKの職員で、アナウンサーとして活動されていました。

学歴は上智大学卒業。かなりエリートな道を歩まれていますね!

上智大学卒業後はNHKの記者として入局。

静岡放送局で2年半の勤務後、国際部へと異動しました。

ワシントンDC特派員、国際部サブデスク、横浜放送局を経て再び国際部などを経験。

世界を股にかけて活躍されているって感じですね。かっこよすぎ。

そして、2006年にNHK初の女性海外支局長としてシドニー支局の支局長に就任しました。

大学卒業後の経歴がすごすぎですね!!!

海外でも活動されているなんて、憧れてしまいます。

2016年から国際報道2016のキャスターとして活動開始!

長女の田中淳子さんの最近の活動はどんな感じなのでしょうか?

アメリカ合衆国ワシントン支局長を3年務めた後に帰国し、2016年からは「国際報道2016」のキャスターとして出演し、世間にも広く知られるようになっています。

また、プライベートでは大学時代に交際していた男性と結婚して息子が一人いるようですが、年齢などの詳しい事は分かっていません。

シドニー支部の局長になられた後もワシントンで活動するなど、順調に仕事をされているようです。

私生活ではお子さんがいらっしゃるということなので、田中邦衛さんにとってはお孫さんになりますね^^

田中邦衛の次女の名前は?どんな人なの?

田中邦衛さんの長女の淳子さんはNHKのアナウンサーということですが、次女はどんな方なのでしょうか?

次女は田中千恵子さんと言います。

父親が役者で、姉がジャーナリストをしているので田中千恵子さんもテレビ関係のお仕事をされているのかと思いましたが、どうやらそういう訳でもなく一般の方のようです。

職業やその他のプライベートについては一切明かされていませんが、長女の淳子さんと同じように立派な職業につかれているのでしょうね^^

次女の田中千恵子さんについてはあんまり情報がないんですが、妻の田中康子さんとともに老人ホームでは、毎日何時間もいろんな世話をされていたそうです。

母親の田中康子さんの近くに住んでいて、田中邦衛さんを看病しているようです。

とても親孝行は娘さんですね!

田中邦衛さんの奥さんの決して若くはないでしょうから、一人での介護は大変だと思います。

最近だと介護で共倒れになってしまうケースが相次いでいますが、どうか介護する側も体を壊さないようにしてほしいところです。

以上、田中邦衛さんについて特集しました!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.