剛力彩芽のゴリ押しの真実がヤバい…。ダンスも下手過ぎるぞwww

Pocket

女優やタレントとして活躍されている剛力彩芽さん

現在はZOZOTOWNの社長・前澤勇作さんとの熱愛関係が取りざたされて、お騒がせタレントとして名前が知れ渡っています笑。

そんな剛力彩芽さん、過去あらゆる番組に起用されて、「ゴリ押し芸人」と呼ばれていたことでも有名です。

今回は、剛力彩芽さんのゴリ押しの真相について迫っていきます!

剛力彩芽のプロフィール

こちらは剛力彩芽さんのプロフィールです。

本名:剛力彩芽(ごうりきあやめ)
生年月日:1992年8月27日
出身地:神奈川県横浜市保土ケ谷区
身長:162㎝
血液型:O型
職業:女優・タレント
活動期間:2002年~
事務所:オスカープロモーション

剛力彩芽さんの名前が世間に知れ渡ったのは2010年以降のことですが、実は剛力さん、小学校の頃から芸能事務所に所属していました。

2002年に開かれた第8回全日本国民的美少女コンテストでスカウトされ、モデルとしての活動を始めます。

スポンサードリンク

過去にはセブンティーンの専属モデルをされていたんですよ!

昔はロングヘアーだったのが意外だと思う方も多いでしょうね。個人的には現在よりもこっちの方が好みです笑。

剛力彩芽のゴリ押しはなぜ?ごり押しの真相に迫る!

さて、本題「剛力彩芽さんのゴリ押し」について語っていきたいと思います。

剛力彩芽さんのゴリ押しぶりは、おそらく数ある芸能人の中でもトップクラスですよね。

彼女は2011年のフジテレビドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』に出演していこう、その後立て続けにドラマや映画、CMの出演を果たしています。

「ゴリ押し」という言い方はあまりよくないかもしれませんが、以前、剛力彩芽さんがゴリ押しされていたというのは、誰の目から見ても明らかでしょう。

実際問題、去年2013年のCM出稿数は20848本、総出演秒数は33万6080秒と関東地区タレントの中ではブッチギリの1位で、2位の上戸彩さんと約1.5倍の差をつけていました。

この他、ドラマや映画にも多数出演しているのは言うまでもないでしょう。

これだけ見れば、女優としての活躍の場が多いため、剛力さん本人にとっては良いことのように思えますが、実際には事はそこまで上手くは運びません。

事務所側の剛力彩芽さんのゴリ押しに対して、世間の評判は決していいものとは言えませんでした。

ネット上では、「また剛力かよ」などの声は余る程にあり、更には「演技が下手」「歌が下手」、挙げ句の果てには「消えろ」「○サイク」などとも言われていました。

当時、剛力さんのゴリ押しに対して、世間やネット上では良い意見が少なく、特にネット上では剛力さんの演技力や容姿に対して辛辣な誹謗中傷が集まりました。

ただ、容姿に関してはともかく、残念ながら当時の演技力や歌唱力に関してはネット上のような否定的な意見を持っている人の方が多数だったと思います。

テレビに頻繁に映るのであれば、視聴者としてはそれ相応の演技力を求めるのは当然のことですし、事務所によってゴリ押しされることを不愉快に思う人はいて当たり前なんですよね。

結果、世間に散々批判された剛力さんは、その後精神を病んでしまったという噂もあります。

現在実家暮らしの剛力彩芽さんは「自分の精神安定のために実家暮らしをしている」と発言したことがありましたが、そんな事務所や視聴者に対してのプレッシャーでノイローゼ気味、という情報もあるほど。

視聴者の気持ちもわかりますが、事務所の都合に振り回された挙句ノイローゼ気味になってしまった剛力さんにはかなり同情するところがありますね…。

しかし、彼女はなぜこれほどにゴリ押しされたのでしょうか?その真実(真相)について調べてみることにしました。

ゴリ押し理由は「ギャラの驚愕の安さ」にあり!?

剛力彩芽さんが一時期ゴリ押しされ過ぎていた理由として真っ先に挙がるのが、彼女の「ギャラの安さ」にあります。

主演ドラマ1話に対して、他の大手若手女優が200万くらいなのが相場ですが、剛力彩芽さんは100万以下、と恐ろしく安いです。そのため、仕事のオファーが殺到するとのこと。

確かに相場の半分とはあまりに安売りされ過ぎていますね…。

起業としても剛力さんは非常に使いやすい人材だったといえるでしょう。

「オスカープロモーション」は剛力彩芽を大物女優に仕立て上げる計画だった!?

剛力彩芽さんをゴリ押ししたのは、彼女の所属事務所である「オスカープロモーション」の計画であることは言うまでもありません。

オスカープロが彼女を積極的に売り出していた理由には「ある」理由があったといわれています。

実は剛力彩芽さんの所属事務所オスカープロモーションが「第二の上戸彩」的エースポジション育成に力を入れており、安いギャラでバンバン剛力彩芽さんをいろんな作品に出させている、という噂です。

剛力彩芽さんがCMに出まくっていた頃、上戸彩さんが「昔の自分を見ている様」と言っていた様に、不動の地位を背負う唯一無二の女優を剛力彩芽さんに担ってほしい、という意図がある様です。

上戸彩さんはオスカープロを代表する看板女優ですが、彼女もデビュー当時からかなりの頻度でメディアに露出していました。

もっとも、上戸彩さんの場合は演技力や容姿が視聴者を満足させるものだったため、剛力さんのように「ゴリ押し」されていると言われることはありませんでした。

剛力さんは、事務所の都合で明らかにキャパオーバーな仕事を任されていたということですね。

ギャラが安いこともそうですが、まるで○ラック企業で働いている社員さんに思えてしまいます…。

所属しているタレントの体調や精神状態を気遣うことも事務所としては必要なことだと思いますので、あからさまなゴリ押しはあまりやらないでほしいところですよね。

【剛力彩芽出演!原作ファンブチ切れの実写映画失敗例がこちら!!!

さて、こちらで紹介するのは、剛力彩芽さんがゴリ押しされていた時期に出演した実写映画&ドラマ(大コケ)3本です。

興行収入はさることながら、原作を台無しにする脚本で原作ファンを激怒させたことでも有名です。

まずはこちら!

ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖 」です。

スポンサードリンク

画像左は原作のヒロイン、右に写っているのはそれを演じた剛力さんです。

ヒロインの髪型が全く違うため、放送前からかなり批判が大きかったようです。ちなみに視聴率ですが、フジテレビの月9ドラマでは最低の8.1パーセントを記録しました。

続きましてはこちら、実写映画「ガッチャマン」

オフィシャルサイトでは「制作費80億円」と謳われているが、公開初日と2日目の合計興行収入は1億1,570万円。ネット上では「大コケ」と騒がれているようだ。

私はもちろん見ていませんが、勇気ある方は是非ご覧になってくださいね(ニッコリ)。

最後はこちら、実写映画「黒執事」です。

映画自体の評価は「Yahoo!映画」によると3.1。大コケというレベルではないのですが、何より原作と映画で主役2人のビジュアルが全く違うのがファンを怒らせた要因でしょうね…。

左が原作のキャラクター、右が実写版です。

これがこうなって…、

これがこうなるんですからね苦笑。剛力さんが演じるキャラクター(シエル)に関しては性別まで変わってます…。

ただ、映画としては大コケレベルではないという噂もありますので、興味ある方は、こちらも自己責任で鑑賞なさってはいかがでしょうか^^

剛力彩芽はダンスも下手で酷い!?上手いとの意見も?

さて、ゴリ押しの話は終わりにして、ダンスの話に移りましょう。剛力彩芽さんのダンスの腕前が気になる人が多いらしいですね。

しかし、ネット上で検索すると、「剛力彩芽 ダンス 下手」といったワードが見当たります。

彼女のダンスが下手だという方がいらっしゃるようです。しかし、詳しく調べたところ、剛力さんのダンスが下手だと思う人と、上手いと思う人に意見が分かれていました。

双方の意見を見てみましょう。

まずはダンスが「下手」という意見から!

・さっきランチパックのCM、やってた 剛力彩芽のダンスを観た母は 「ダンス、下手。踊りがイタチみたい」 イタチ\(^o^)/笑

・剛力彩芽のダンス下手だねえ。(笑) 5歳からやってたのにあれか(-_-)(笑)

一方、「上手い」という意見がこちらです。

・剛力彩芽 ネタにされても許す器の大きさ…ダンス実力も高かった 「あまり知られていないが、剛力のダンスの実力はかなり高いものが」 失礼な記事だ。実力の高さは有名でしょ。 同じゴリ押しタレントでも、個人的には広瀬すずより好感持てる。

また、最近投稿された剛力さんのダンスレッスンのインスタ動画にも好意的な意見が寄せられています。

女優・剛力彩芽(25)が8日夜、インスタグラムでダンスレッスンの様子を動画で公開。「実はプライベートのダンスを皆さまにお見せするのは初めて?なのでかなりドキドキしてます。いかがでしょう?」と記した。

この投稿には「ダンスしてる剛ちゃんはやっぱりカッコイイ」「ダンス素敵ですね」「彩芽ちゃんのダンスひさびさ見ました~!良き最高」「めちゃくちゃカッコいい」と感嘆する投稿が続いている。

ダンスの腕前に関しては賛否両論あるようですね。

上手いか下手かに関しては個人の乾燥によるところが大きいため、どちらともいえないのですが、どっちの方が信ぴょう性が高いのでしょう?

剛力彩芽は5歳の時からダンスを習っていた!

実は剛力彩芽さんは、幼少期からダンスを習っていたという情報がありました。

しかもダンスのために海外留学をしたという話まで!!!

剛力彩芽はアメリカに留学していたそうなんですが、その留学はダンスを勉強するためのものだったそうです。そして英語の勉強も兼ねていたそうです。

ただ、剛力彩芽自身はこの留学よりもずっと前からダンスが好きだったそうで、5歳の頃からダンスを習っていたそうです。

地元でも姉とダンスコンクールに出場したりと、次第にダンスにのめり込むスピードも速くなっていったそうですね。

そしてダンスをすることで自身の性格も明るくなっていったそうで、ダンスをする毎日だったそうです。

これは意外でしたね!!!幼少期からダンスをされているということであれば、どちらかといえばダンスは上手だという方が信ぴょう性が高いような気がします。

しかし、それとは反して下手だという意見も同じくらいあります。何故これほどまでに批判的な意見が多いのでしょうか?

ダンスが下手だといわれる理由①スタイルが良くない

剛力さんがダンス下手だといわれるのは、彼女のスタイルがあまり良くないからだと言われています。

上の写真は剛力さんの全身写真ですが、確かにお世辞にも脚が長いとは言えません。

ダンスをするのであれば、脚が長い方が当然見栄えは良いですから、ダンスの腕前とは別にスタイルが影響しているのかもしれません。

ダンスが下手だといわれる理由②歌が下手【Mステ放送事故】

剛力さんの歌が下手といわれる理由としては、歌が下手だということも挙げられるでしょう。

こちらもダンスとは関係ありませんが、以前彼女はミュージックステーション(Mステ)で放送事故ともいわれるほどの伝説の出演を果たしています。

剛力彩芽さんのデビュー曲、「友達より大事な人」をMステで披露した2013年、緊張のあまりか歌いだしから様子がおかしく、途中で生歌から口パクへと切り替わるという異例の事態が起きました。

ちなみにYouTubeに投稿されている「友達より大事な人」のMVではダンスの映像もありますので、歌が下手だというイメージがダンスにも飛び火してしまったのかもしれません。

ダンスが下手だといわれる理由③気にくわない

3つ目の理由は、単純に剛力さんが気にくわないという理由でしょうね…。

ゴリ押しや歌が下手だということ、また近年ではZOZOTOWN社長の前澤勇作さんとの熱愛で世間をにぎわせています。

特に剛力さんと前澤さんのインスタグラム等のSNSにおける「のろけ」に対し、嫉妬心や嫌悪感を抱く人は多いでしょう。

腹いせに剛力さんの粗探しをする人が現れてもおかしくありませんよね。

色々と波乱万丈は芸能生活を送られている剛力さんですが、今後はどんなネタを提供してくれるのでしょうか?笑

今後も彼女にも注目です♪

スポンサードリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.